Core i9-12900KS アルダーレイク

コアi9-12900KS新しいアルダーレイク

 Core i9-12900KS アルダーレイク仕様。

Core i9-12900KS アルダーレイクの技術データ。

インテルラスト Corei9-12900KSプロセッサを正式に発表、数日前にベンチマークで確認されて以来、私たちが待っていたチップです。

これは、パフォーマンスの点で、デスクトップ システム (もちろん、Intel Xeon および AMD Threadripper チップをベースにしたワークステーションを除く) 向けの市場提供全体の中で最速のパッケージとして栄えており、Intel がいかに優れた製品を提供してきたかを示しています。アルダーレイクによるハイブリッドアーキテクチャへの飛躍。

そして、Core i9-12900KSがジャングルの新しい王になった理由は何ですか? Core i9-12900Kと比較したときに最初に気付くのは、 ターボモードでの最大連続性は、2つのコアで5.3ギガヘルツから5.5ギガヘルツに上昇しました.

Core i9-12900KS Alder Lake: おそらく夢見ていた飛躍です。

これは、チップを構成するコア (パフォーマンス コアと効率コアの両方) の速度が緩やかに、しかし顕著に向上した結果です。

ということで、発表された情報の中には インテル そしてここ数日の侵入により、この Core i9-12900KS のコアのパフォーマンスを明らかにする可能性があります。

  • 最大5.5ギガヘルツ(ベース3.4 GHz)の速度の2つのパフォーマンスコア。
  • 最大5.2ギガヘルツ(ベース3.4 GHz)の速度を持つ6つのパフォーマンスコア。
  • 最大4ギガヘルツ(ベース2.5 GHz)の速度で8コアの効率。

Core i9-12900KS アルダーレイク

Core i9-12900KS Alder Lake – この最適化における重要な役割。

パフォーマンスのこの最適化に不可欠な役割を果たす他の要素があります。これは、野蛮な(つまり、メガヘルツ)だけでなく、野生の力を最大限に活用するための最適化でもあります。

具体的には、これ インテル Core i9-12900KS は、テクノロジーにおいて非常に効果的に独自のものを保持しています。 インテルの熱速度ブースト。

これにより、プロセッサーが確実にそのパフォーマンス レベルに達することができ、また、インテルアダプティブブースト、これは、プレイした瞬間にプロセッサーのパフォーマンスを積極的に調整し、正確な瞬間にプロセッサーのピークを提供します。

Core i9-12900KSパッケージには、Intelが呼んでいるものが含まれています 30メガバイトのキャッシュ対応、これは、数日前にベンチマークで見た30メガバイトのL3キャッシュに適合し、CinebenchR23テストで起動した14メガバイトのL2キャッシュを追加する必要があります。

上記のすべてのTDPは150ワットで、「拒否された」兄弟であるCorei9-12900Kよりもはるかに25ワット多くなっています。

この正確な瞬間に、あなたは間違いなく、いつ、どのくらいの2つの重要な質問をすることになります。

私たちはすぐに懸念を取り除くので、IntelCorei9-12900KSは無料で購入できます 来年4月5日から (AMD Ryzen 7 5800X3D の市場投入までに数週間かかることはほとんどありません。これも主にゲームの世界をターゲットとしています)

そしてIntelの推奨価格は739ドル.

ユーロへの換算を理解するのを待つ必要がありますが、12900Kの推奨値は679.90ユーロであることに注意してください。

はるかに多くの情報: インテル

基本的な要素

  • 垂直セグメント
  • デスクトップ
  • プロセッサ番号
  • i9-12900KS
  • 調子
  • 発売
  • リリース日Q1'22
  • Intel7リソグラフィー
  • 推奨顧客価格$739.00– $749.00
  • 利用規約 
  • PC/クライアント/タブレット

CPU仕様

  • コア数16
  • #のパフォーマンス-コア8
  • #の効率的なコア8
  • スレッド数24
  • 最大ターボ周波数5.50GHz
  • インテル® サーマル・ベロシティ・ブースト 5.50 GHz
  • インテル®ターボブーストマックステクノロジー3.0周波数  5.30GHz
  • パフォーマンスコア最大ターボ周波数 5.20 GHz
  • 効率的なコアの最大ターボ周波数 4.00 GHz
  • パフォーマンスコアの基本周波数 3.40 GHz
  • 効率的なコアの基本周波数 2.50 GHz
  • キャッシュ30MBインテル®スマートキャッシュ
  • 合計 L2 キャッシュ 14 MB
  • プロセッサーの基本電力 150 W
  • 最大ターボ出力 241W

Core i9-12900KS

追加情報

利用可能な埋め込みオプションいいえ
データシート

メモリ仕様

最大メモリサイズ(メモリタイプによって異なります)128 GB
メモリの種類 DDR5 4800MT/s 最大 DDR4 3200MT/秒
メモリチャネルの最大数2
最大メモリ帯域幅76.8GB/ s
ECCメモリと互換性があります   はい

プロセッサグラフィックス

プロセッサグラフィックス  
グラフィックス UHD インテル® 770
グラフィックベース周波数300MHz
最大ダイナミックグラフィックス周波数1.55GHz
グラフィック出力eDP1.4b、DP 1.4a、HDMI 2.1
実行ユニット32
最大解像度(HDMI)‡4096 x 2160 @ 60Hz
最大 (DP)‡ 7680 x 4320 @ 60Hz
最大解像度(eDP –統合フラットパネル)‡5120 x 3200 @ 120Hz
DirectX*12との互換性
OpenGL*4.5のサポート
マルチフォーマットコーデックエンジン2
インテル®QuickSyncVideoはい
インテル®クリアビデオHDテクノロジーはい
サポートされている画面の数 4
デバイスID0x4680
OpenCL*2.1との互換性

拡張オプション

Direct Media Interface(DMI)リビジョン
4.0
DMIレーンの最大#
8
スケーラビリティ
1Sのみ
PCIExpress5.0および4.0リビジョン
PCI-Express構成  
最大1×16+4、2×8 + 4
PCIExpress回線の最大数20

パッケージ仕様

互換性のあるソケットFCLGA1700
最大CPU構成1
PCG2022Eサーマルソリューション仕様
インテル®熱速度ブースト温度50°CTジャンクション  90°C
小包のサイズ 45.0mm x 37.5mm

先端技術

Intel®GaussianandNeuralAccelerator 3.0
インテル®スレッドディレクターはい
Intel®DeepLearningBoost(Intel®DLBoost)はい
Intel®Optane™メモリと互換性があります  はい
インテル®SpeedShiftテクノロジーはい
インテル®アダプティブブーストテクノロジーはい
インテル®熱速度ブーストはい
インテル®ターボブーストマックステクノロジー3.0  はい

より高度なテクノロジー

インテル®ターボブーストテクノロジー  2.0
インテル®ハイパースレッディングテクノロジー  はい
インテル®64  はい
64ビット命令セット
命令セット拡張命令インテル®SSE4.1、インテル®SSE4.2、インテル®AVX2
アイドル状態はい
強化されたIntelSpeedStep®テクノロジーはい
熱監視技術はい
インテル®ボリューム管理デバイス(VMD)はい

安全

インテル®vPro™プラットフォームの適格性  はい
インテルvPro®エンタープライズプラットフォームの適格性 はい
脅威検出テクノロジー (TDT) はい
インテル®アクティブ・マネジメント・テクノロジー(AMT) はい
インテル®標準管理性(ISM) はい
インテル®ワンクリックリカバリー はい
インテル®ハードウェアシールドの適格性 はい
インテル®AESの新しい手順はい
セキュアキーはい
インテル®OSガードはい
インテル®トラステッド・エグゼキューション・テクノロジー  はい

信頼性

無効ビットを実行  はい
インテル®ブートガードはい
モードベースの実行制御(MBE)はい
制御フロー強制テクノロジー はい

さらなる信頼性

インテル®トータルメモリー暗号化–マルチキーはい
総メモリ暗号化 はい
リダイレクト保護を備えたインテル®バーチャライゼーション・テクノロジー(VT-rp) はい
Intel®仮想化テクノロジー(VT-x)  はい
ダイレクトI/O(VT-d)向けインテル®バーチャライゼーション・テクノロジー  はい
拡張ページテーブル(EPT)を備えたIntel®VT-x  はい
5 1 投票する
記事の評価
購読する
通知する
ゲスト

2 コメント
より古い
エル・マス・ヌエボ 投票する
オンラインコメント
すべてのコメントを見る

ダン、k'y
ダンカイ
2ヶ月前

記事のタイトルと内容が合っていないと思いますが、ははは。というのは冗談ですが、主にこの記事を読んだ後に疑問があったからです。